まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

こんにちは

今週は色んな会社の人や大学OBと会ったり
旅の計画・企画書を書いていたりしてほとんど更新していなかった。

そして久しぶりにブログアクセスをみると、
なんだか最近ぼくのブログを読んでくださる人が増えていてびっくりした。
こんな一人の取るに足らない暇つぶしに関心をもっていただき
ありがとうございます。


さて、冒頭で述べた企画書だけど、
年末年始に登録した「CAMPFIRE」というクラウドファンディングサイトへ
つい先ほど、南極への旅の企画をまとめて申請してみた。
 
この申請が運営者側の審査に通れば、プロジェクトとして投稿でき、一般から支援を募れる仕組みのようだ。

すでに投稿されたプロジェクトをみていると
どれもユニークで、企画の背景などを読んでいると「なるほどな〜」と納得させられるものが多い。
さらにプロジェクトの投稿者も有名やアーティストやクリエイターなど、すごそうな方が多くて

僕のような小市民が投稿できるのかな?
と正直、ひるんでいた。

ぶっちゃけ申請は通る気がしないのだけれど
申請しなければ投稿もできず、何も始まらないから
とりあえず申請してみた。

企画を申請する時に一番悩んだのが、
クラウドファンディングは寄付や投資ではなく、リターンが要求される「支援」であるということ。
それはつまり、どういうことなんだろう。

リターンはお金で返してはいけない。
けれど、その企画とかけ離れたものでもいけない気がする。


また企画自体に、赤の他人を説得するためのストーリー性が必要ときた。


今の自分には、人に与えられるだけの何かを持っているのだろうか。
と考えたときに思いつくことは、

自分の足で動くこと
簡単な動画を作れること
ここで書くこと

たった3つだけだ。

しかも簡単な動画といっても、部活の新歓用プロモーションビデオを作っただけ。
YouTubeの再生回数は14,000回程度しかないし、
ブログだってまだまだ月に数千PVと、しょぼい。
(本当は数千もみてくれているだけでかなり嬉しいのだけれど。)


こんな感じで、僕にあるものは全て中途半端だ。

けれど、何もしないと本当に中途半端なままだし
そういう今の自分が嫌いで、突き抜けたいからこういうことをするんだ。


だから申請した企画は
「突き抜けたい〜あなたにおくる60秒の南極旅」というテーマにした。
フリー南極素材


大学の専攻であるスペイン語圏のアルゼンチンに行き、南極を目指す。
そして旅の毎日を可能な限り映像に収めて、1日のハイライトを60秒に纏めてWeb配信することで誰でも旅の追体験ができるようにする。
どうしても60秒に収まらないときは、記事に書く。


主なリターンは南極から届く絵葉書や
旅先で買ってくるワインなどのお土産、
配信予定の映像に名前や広告を載せられることだけれど
色々と課題はたくさんある。


まず、ワインは無事に持ち帰ることができるだろうか。
アルゼンチンのどこの、どんな銘柄のワインが良いのだろうか。

そもそも映像はどうやって録画しようか。
カメラはアルゼンチンや南極で壊れたりしないだろうか。
録画した材料を保存する為にはパソコン(Macbook Pro)を持っていくべきだろうか。
パソコンは現地の気候や旅の衝撃に耐えられるだろうか。
データをクラウドで保存するなら、インターネットはどこで使えるだろうか。

また、動画をいざ配信できたとしても
おもしろくないと人は見てくれないから、自分で旅をおもしろくしなければならない。
どうすればおもしろい旅だと思ってくれるだろうか。

そしてWeb配信といっても、再生回数を稼ぐ為にはどこで配信するのが良いのか。
YouTubeなのか、企業のWebサイトなのか。
どうやってUPした動画を世間に広めようか...etc.



ざっと思いつく限りでも、こんなにたくさん問題がある。


とりあえず、今の自分にできることからやっていこう。

企業に機材を貸してもらえないかダメもとで連絡してみよう。
知人のツテでも何でも頼って、いろんな人と話してみよう。
そして支援してもらえないか厚かましく頼んでみよう。
支援が無理なら、どんな旅だとおもしろいか聞いてみよう。
あとはYouTubeに何か動画をUPして自分の発信力を確かめてみよう。


結構やることあるな・・・



もし転んでも、どうするかは後から考えればいいよね。
もともと何もせずにダラダラと過ごしている時間に
こういう暇つぶしをしているだけで、まだ何も失っていないわけだし。



「チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」ー本田宗一郎

この言葉を信じて、今日もほんの小さな一歩を踏んでみた。



 
企画の申請が速やかに通りますように・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック