まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

2014年03月

破産寸前で「金男会」へ潜入

財布に残っているのは100ペソ紙幣1枚だけだった。レストランで食事をすれば一度でなくなる金額で、ぼくは帰国まで残り3日半を過ごす必要があった。そこで「金男会」へ飛び込むことにした。アルゼンチンの物価は安くない。安いのはタクシーとバス、電車、タバコ、酒くらいでレ …
続きを読む
メンドーサで警察に追いかけられた件

さっきから誰かに後ろからつけられている・・?ぼくの自転車以の後ろからずっと同じ機械音が聞こえてくるので振り返ると、そこには白バイがいた。サイレンも鳴らさず、自転車と同じ速度で5-10mほど間隔を保っている。何度か角を曲がってみても、ワイナリーから出てきた後も徐 …
続きを読む
南極をパンツ一丁で泳いでみた

〜南極7日目の日記〜 今日も天候に恵まれたおかげで朝にはデセプション島に到着した。 ここはもともと火山があり、カルデラの湾内に海水が入り込んだ地形になっている。 まずはハイキングをすることに。南極でおなじみのペンギンがいないので臭いもない。吐息も白くならな …
続きを読む
眠れない南極での一夜

外は真っ暗で風が吹き荒れる深夜0時、ぼくは南極をさまよっていた。「行き先が”南極”という曖昧なクルーズ旅」で書いたように南極での旅は基本的に船舶になる。けれど、希望すれば1日だけ南極の上で夜を明かすことができる。南極でのキャンプは2人1組でテントに泊まること …
続きを読む
行き先が”南極”という曖昧な船旅

乗船した船は南極を目指すものの特定の目的地を持っていない。天候や氷河の状況次第でたどり着けず、氷に船が挟まれ身動きが取れなくなったり、最悪の場合、南極でタイタニックを経験する。実際に昨年末にも何隻か南極近辺の海で身動きが取れなくなるという事故が起きていた …
続きを読む
もうヒッチハイクはしません(5)

はっと目を覚ました時は朝の3時だった。 幸いパソコンも部屋の鍵も盗まれてはいなかった。 夜勤で退屈そうにしている受付嬢にここから一番早くブエノスアイレスに戻る方法を聞くと、 バスでウシュアイアへ戻って飛行機に乗るのが一番だと言われたので、そうした。 早朝6 …
続きを読む

午前からのハイキングに続き、午後も山を登る事に。  今回は傾斜がかなり厳しく、スノボーやスキーでも素人なら滑り降りるのに躊躇うほどの傾斜だった。 そこでせっかく登ったのだけれど、歩いてきた道を滑り降りてみた。 …
続きを読む