まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

2014年02月

初めてカウチサーフィンをしてみた

ホスト先から返事が来たのは、泊めてもらう前日だった。 ホストの依頼をしたのも前日だった。 以前に投稿した記事にも書いたように、カウチサーフィンとは一般人の家に超短期間のホームステイをする/させることだ。<参考記事>「海外でタダで宿泊するカウチサーフィンに登 …
続きを読む
無料の食券は何に変わるのか?

ドバイの空港内のレストランで使える無料の食事券を他人の持ち物と交換すると何に変わって返ってくるのかという遊びをしてみた。ぼくは今、ドバイにいる。23時間超のトランジットの待ち時間があり、それをすべて空港で過ごさなければならない。(もう二度としないと決めた) …
続きを読む
リボルバーのような粘りは通用した

「三度目の正直」という言葉があるけれど、六度くらいアタックすればどうなるだろう。やらないよりはやってから後悔すればいい。そう思いバスと電車を乗り継いで着いた先は、ゴールドウィンというアパレル会社だった。会う約束は取り付けていなかった。朝と昼に電話をしたけ …
続きを読む
旅の始まりは52時間のフライトから

寒い...まさか羽田で飛行機内に乗り込むまでに外に出るとは思っていなかった。空港内は暑かったし、外貨両替所にいたアメリカ人(?)が半袖半ズボンにスタイルしているのを真似て、ぼくもすぐに半袖半ズボンに着替えた。それが仇となってしまった。ともあれ、飛行機に乗れば …
続きを読む
ソチ五輪に見る「ちょっと待った」と言えない瞬間

何かに打ち込んでいると、調子がいいと感じる瞬間がやってくる。人によってその瞬間はほんの数秒かもしれないし数ヶ月、或はもっと続くかもしれない。僕の場合は、大学3年時の春の3週間だった。大学のアメフト生活の中で、最も選手としてプレーの調子が良かった時期だった。 …
続きを読む
111歳でもカウチサーフィンを使う国

"×Declined"カウチサーフィンで連絡をしてみたところ、さっそく返事が来たのでメッセージを開く。そこには残念ながら受け入れられない旨と、その理由が丁寧に英語で綴られていた。 ここで挙げられた理由は、ホストを依頼したい日程に在宅していないかもしれないから無理と …
続きを読む
海外でタダで宿泊するカウチサーフィンに登録してみた

アルゼンチンまでの飛行機も南極までの船のチケットも無事にとることができ、少しだけ旅の大枠が埋まってきたとき、一つ重要なことを忘れていた。宿泊先を全く見つけていなかった。「地球の歩き方」にはホテルは予約しなくても行き当たりばったりでなんとかなると書いていた …
続きを読む