まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

2014年01月

環境省に突撃してきた

環境省のビルの玄関ドアをくぐるとそこには、戦わずとも負けると悟ってしまうほどの強そうな体格の警備員がゲート前に立ちふさがっていた。瞬時に左へ方向転換し、その先にはたまたま受け付けがあったのでそこへ行く。「南極へ行くので届け出を出したいんですが」受け付けの …
続きを読む

有名なアパレルメーカーから衣服の貸し出しや協賛を得るには かなり厳しい条件をクリアする必要があるらしく、 ぼくはあまり踏み入ることができなかった。 アパレルの協賛や貸し出しには、 服の見せ方や掲載する雑誌やメディアの種類、 更には「お付き合いのある出版社に限 …
続きを読む
初めてショールームへ行ってみた

丸の内にある某ショールームへ、ビデオカメラの協賛をお願いしに突撃してきた。カメラは様々なメーカーが「アクションカメラ」という小型ビデオカメラを発売していて、身につけながら手ぶらで撮影が可能な為、ぜひとも一つ欲しかった。 しかし値段が結構高くて、予備のバッ …
続きを読む

夜23時、アルゼンチンの旅行会社からメールが来ていた。それは南極行きの船の席がとれた知らせだった。席はもちろん男性用南極行きの船では女性客室に泊まる??で書いたように女性客室に泊まることはなくなった。もし最悪チケットがとれなかったら、女装してでも乗り込もう …
続きを読む

幸運にも、新たな会社へ訪問する機会が訪れた。 問い合わせから送ったメールに対して返事をくれた会社だった。 今回の会社は、アウトドアのウェアやグッズを扱う某メーカーで、 旅に必要なグッズを提供してもらえないかという趣旨の訪問だった。 会社の建物のビルに入るド …
続きを読む
負け組のままでいたくないから一歩を踏み出す

「この旅の、企画の、最大の価値は何なのか?」ぼくはこの質問に、答える事ができなかった。答えるのに時間がかかったとかじゃなくて、文字通り言葉が出てこなかった。けれど僕は、この答えをずっと前から知っていた。負け組から抜け出すその為に「今の自分」から一歩を踏み …
続きを読む

「・・・スタッフ内で再度精査を重ねた結果、誠に残念ながら今回は掲載を見送らせていただくこととなりました。・・・」突然のメールだった。つい2時間前まで「南極旅」企画への支援を公募するにあたり、企画の掲載ページについてやり取りしていたところだった。 一瞬、メー …
続きを読む