まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin


最近、南極への旅のネックである資金について考えているのだけれど
旅を応援してくれる人/企業を見つけられないだろうか。


自分の旅行なんだから旅費くらい自分で稼げよ
お金がないなら旅行するなよ
こいつ何甘いこと言ってるんだろう


そう思われるのはごもっともだ。

一応それなりに自分でも頑張ってアルバイトしてきた。
それでも、もう今から新たに仕事を探して面接受けて働いても時間が足りない。
せいぜい日本ーアルゼンチン間の航空券代しか買えない。



もちろん学生ローンや親戚からお金を借りることも考えた。

けれど、学生ローンは就職後の返済が大変そうだし(だから最終手段)、
親に借りることは、家庭の事情的にほぼ確実に無理だ。




どうしようと思っていたところ、面白い本を見つけた。
わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?
伊藤春香(はあちゅう) ポプラ社 2009-08-22


同じ大学生でお金をかけずに(企業から協賛金を集めて)旅をしたという内容に引かれた。
はあちゅうは有名なブロガーで、大学4年の時に協賛企業をつけて世界一周したそうだ。

自分の卒業旅行に協賛企業をつけて世界一周するなんて、ぶっとんでるなー
そもそも個人に協賛がつくってどういうことなんだろう?
そんなに簡単なのだろうか?

と様々な疑問が頭に湧きながら
著書を読んでみたが...

はっきり言って、すごすぎる!
本当に同じ大学生だったのだろうか。(いやきっと違う)


彼女とは違って僕は、ブログは最近始めたばかりだしアクセス数も少ない。
これまで目立つ事をしてきた訳でもなければ、友達の数も多いほうじゃない。
フットワークも軽くない。
ユーモアに溢れて表現豊というわけでもない。
それに大学入学して以来、海外に行った事もない。



そんな僕が、企業が協賛したくなる程の何かを与えられるだろうか?
そもそも旅に共感してくれる人を見つける事ができるだろうか?




でも、考えているだけでは時間が過ぎていくだけだ。
2月出発なら、あと1ヵ月ちょっとしかない。

やれるだけやってみようか。
もしだめだったら他の方法を考えればいい。


こうして安直な僕は協賛を募ってみようかと思い、
企画書を書いてみることにした。

けれど、何から始めればいいのか分からない!
そもそも他人の旅を応援したくなる旅ってどんな旅だろう。

この答えを見つけるために、
見知らぬ旅行好きが集まる読書会というイベントに参加することにした。



つづく




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック