まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

何もなさそうな南極には、本当に何もないのだろうか?
何もないならなぜ、南極の経験者たちは「人生観が変わった」と言うのだろう?


ちょっと遠いけど、もうすぐ大学卒業するし行ってみようか。


きっかけは大学の授業で南極に触れたことだった。
内容は南極条約等からみえる各国の南極における覇権争い云々で
それよりも
今まで考えもしなかった真っ白な南極それ自体に、僕は興味を持った。
だって周りに南極へ行ったという人がいないから。


僕は外大という国際色強そうな大学に入学して以降、
いろいろ事情があって一度も海外へ行った事がない。
けれど友人らの旅行写真をFacebookで見かけるたびに
うらやましいと思っていた。

しかも、外大生は特殊な言語を勉強している人がたくさんいるから、
旅行先も人気所はもちろんのこと
イスラエルやアフリカなど、ちょっと変わった場所が多い。(そんな気がする)


その様な環境で、僕が「ハワイに行きました」といっても
周りがやってきたことを真似しているみたいで素直に喜べそうにない。
だからせっかくなら、知り合いや友人が行かないところに行ってみたい。
そんな思いが南極という選択肢に興味を持ったきっかけだろう。





ところで
南極に行く方法はいろいろあるけれど、お金に余裕がないから
日本の南極観測隊への募集を探した。
これは審査が通ればタダで南極へ行けるというもの。
けれど、残念なことに今年はどうやら募集してなさそうだ。


そうなったら一般の旅行ツアーとなるが、
なんとアルゼンチンから南極へ2週間くらいのクルーズ旅行があるじゃないか!

数は少ないが日本の旅行会社が企画しているツアーも見つけた。
これまで旅行の計画とか面倒で嫌だった自分を考えると、かなりのフットワークだ。

しかし、とても残念なことを知った。
ツアーは最安値のものでも100万円以上で、とてもじゃないけど簡単にいけるものじゃなかった。。




でもせっかく重い腰をあげて海外に行こうと思ったのだから
もう少し悪あがきしてみようと思う。



あとツアーがあるということは、安全性は確保されているのだろう。
少なくても、ツアーに参加すれば南極で凍り付いて死ぬことはないだろう。(きっと)



でもお金がないから、なんとか方法を考えなければならない。


行くなら来年のテストが終わる2~3月になるだろう。
せっかく卒業前に旅行するなら、おもいきって飛び出してみるのもいいかもしれない。



とはいっても南極について何も知らないんだから
少しは調べた方がいいんじゃないか、ということで
Wikipediaや本を読んでわかったことがいつくかあった。 
そしてその中に一つ、とても興味深いものがあった。

 なんと、南極には温泉があるらしい


なぜ極寒の地に温泉があるのかについては、また今度書こうと思います。

おやすみなさい


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック