まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

財布に残っているのは100ペソ紙幣1枚だけだった。
レストランで食事をすれば一度でなくなる金額で、ぼくは帰国まで残り3日半を過ごす必要があった。
そこで「金男会」へ飛び込むことにした。

アルゼンチンの物価は安くない。
安いのはタクシーとバス、電車、タバコ、酒くらいで
レストランに行くと一食70-100ペソ(800-1300円)は軽く越える。
クレジットカードの残高も知れている。

「食わない」という選択肢もあるが、
 旅行しているのに現地の「食」を楽しまないというのは嫌だった。

 金男会とは、曜日に性のブエノスアイレス駐在員たちが集まる の略だ。
毎週「虹」という日本人オーナーの日本料理屋で開催されているらしく、
大手の某日系自動車会社の社員を中心に多くの日本人駐在員が集まるらしい。
完全にアウェイであるけれど、
気概を見せればごちそうになることも不可能ではないかもしれない。

そう考えるに至ったのは、午後に留学中の後輩と某総合商社へ行ったときのことだった。
後輩と美味しい日本食が食いたいと話していて、
現地の駐在員なら知っているのでは?との思いつきから、すぐ目と鼻の先にあった会社へ訪問することにした。
そこでは「情報だけ」は教えていただくことができた。

さっそく19時ごろ
タクシーを拾って会場の虹へ行く事に。
画像5
(筆者撮影。虹は日本人のためのレストランだそうです)

まだ客は一人もおらず、2人で待機することに。
注文しない訳にもいかなかったので、ビールとおにぎりを注文することに。
この時点で、もう破産寸前・・

とそこに、料理を持ってきてくれたオーナーから衝撃の一言が・・

「今日は別室で接待があるから金男会はないんじゃないかな?」



つづく


<今日の美女>
 IMG_3849
ロースクールに通うF嬢
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック