まだ見ぬ嫁を探して

東京外国語大学卒。 自由に書きます。 猟山主理 @shurinporin

<今日の美女>
IMG_4087
ブエノスアイレス市街の路上でタンゴを披露するS嬢



ヒッチハイクを断念して飛行機でブエノスアイレスまで戻ってきたため、
宿泊先を安く抑える必要があった。

カナダ人の友人の家へ数日泊めていただいたのだけれど、
彼も休暇が終わり仕事があるのでこれ以上居続けることはできない。
そこで宿を探すことになったので先日、
日本人専用の格安ホステルがあるので行ってみる事にした。

ブエノスアイレスには2軒ある。

そのうちの一つ「日本旅館」は南極へ行く前に一度利用したのだけれど、
あまりにもオーナーとの意思疎通の面倒くささから、今回はもう一方の「上野山荘ブエノスアイレス別館」へ行ってみることにした。

インターネットで住所を検索し、Googleマップを片手にさっそく向かう事に。
ブエノスアイレスではiPhoneは高級贅沢品なので、あまり見せびらかしていると狙われる恐れがある。

ちなみにスマホを落としたことがある友人は
そのスマホへ別のケータイかパソコンからメールを送ったところ
"Gracias!"(ありがとう)と返事が来たそうだ。

だから道中ではこそこそとポケットから出し入れしながら目的地までたどり着いた。

しかし、到着したのはいいものの本当にここであっているのだろうか・・??
見た目はただのアパートで表札も何も無い。
IMG_3854
Webサイト記載通りの階の呼び鈴を鳴らすと、
第一声は日本語での応答だった。

それを横で見ていたカナダ友人は
This is like a Japanese secret hostel! 
と驚いていたのが印象的だった。

IMG_3853
かなり古いタイプのエレベーター

IMG_3852
受付&共用リビング

IMG_3851

ベッドルームには2段ベッドが2つあり、4人で一室
客はみんな日本人で、バックパックで世界中を旅している人が多かった。
けれど学生ばかりではなくて、中には教職やその他仕事を辞めて旅をしている人たちもいた。
滞在期間も多くの人は数日だけれど、1ヵ月や9ヵ月も滞在していて
もはや居候していると言えるくらいの人もいる。

そういえば日本で就職活動をしていると世界一周系の人たちを見た。
なぜか当時は尊敬のようなものを抱いていたけれど、実際に会って話してみると
全く何も印象に残るものは無かった。

一方である友人がFacebookこんなことを言っていた。

ー色んな国に行くとか、インターナショナルな人とか、凄いことするとか全く興味がない。まったく。
愛する家族と仲間に囲まれながらハードコアに生きたい。

こちらは投稿を見た時に、自分が息をのんでいるのに気がついた。


帰国便に乗るまで残り1日ちょっと
後からやっておけば良かったと後悔しないためにも
疲労困憊の中、ケータイだけポケットに入れて夜中のブエノスアイレス市街を散歩してきた。


つづく


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL